2022年85日(金)
Bunkamuraル・シネマ
ほか全国順次公開

全国共通特別鑑賞券1,200円(税込) 劇場窓口で販売中!
(当日一般1,500円の処)
劇場窓口でお求めの方に特製ポストカードプレゼント!

ABOUT
THE MOVIE

2022年7月12日結成60周年を迎える「世界で最も偉大なロックン・ロール・バンド」ザ・ローリング・ストーンズを祝福すると同時に、2021年8月24日80歳で亡くなった不動のドラマー、チャーリー・ワッツを追悼し、ストーンズ自ら企画したということでも記念碑的な2作品を劇場同時期公開。
『ロックン・ロール・サーカス』は、1968年に撮影されながら諸事情で1996年までの28年間封印されたままだった伝説的作品で今回が日本初劇場公開。96年版から画質音質が向上した2019年制作の4Kレストア版で上映。
『チャーリー・イズ・マイ・ダーリン』は、1965年のアイルランド・ツアーを追った、ストーンズが記録された最初のフィルム。90,000を超えるフレーム(半分以上はそれまで未発表未編集の映像)を手作業で修正再編集した2012年2Kレストア版の正式な劇場公開は日本初。
ともに歌詞すべてに翻訳字幕入り。

THE ROLLING STONES
ROCK AND ROLL CIRCUS

ザ・ローリング・ストーンズ ロックン・ロール・
サーカス 4Kレストア版

ザ・ローリング・ストーンズ、ジョン・レノン、エリック・クラプトン、ザ・フー、マリアンヌ・フェイスフル、オノ・ヨーコ、ジェスロ・タル、タジ・マハール…
「ロックン・ロールとサーカスの融合」を目指してローリング・ストーンズが企画・製作し彼らがホスト役も務めたライヴイベントの撮影は、スウィンギング・ロンドンの真っただ中1968年の12月の2日間で行われた。ストーンズは最高傑作アルバム『ベガーズ・バンケット』を出したばかりで、本作における〈悪魔を憐れむ歌〉のジャガーのパフォーマンスはバンド史上でも傑出している。ジョン・レノンがエリック・クラプトン、キース・リチャーズらと組んだ、この時だけのためのバンド、ザ・ダーティ・マックは、レノンがビートルズ以外のメンバーと組んで初めて行ったライヴ。また、ストーンズのリーダーだったブライアン・ジョーンズはこの撮影の半年後に27歳で亡くなり、これがストーンズとしての最後のパフォーマンスとなった。
監督は、ビートルズのドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』のマイケル・リンゼイ=ホッグ。

SET LIST

演奏曲

ジェフリーへささげし歌
ジェスロ・タル
クイック・ワン
ザ・フー
エイント・ザット・ア・ロット・オブ・ラヴ
タジ・マハール
サムシング・ベター
マリアンヌ・フェイスフル
ヤー・ブルース
ザ・ダーティ・マック
ホール・ロッタ・ヨーコ
オノ・ヨーコ&イヴリー・ギトリス、ザ・ダーティ・マック
ジャンピン・ジャック・フラッシュ
ザ・ローリング・ストーンズ
パラシュート・ウーマン
ザ・ローリング・ストーンズ
ノー・エクスペクテーションズ
ザ・ローリング・ストーンズ
無情の世界
ザ・ローリング・ストーンズ
悪魔を憐れむ歌
ザ・ローリング・ストーンズ
地の塩
ザ・ローリング・ストーンズ

監督 マイケル・リンゼイ=ホッグ(1944-)

NY生まれ。MVのパイオニアで、ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ザ・フー、ロキシー・ミュージックなどのMVを多数手がけた。『ザ・ビートルズ:Get Back』の基になったビートルズ最後の映画『レット・イット・ビー』の監督。ポール・サイモンのジンバブエでのライヴ・ドキュメンタリー『グレイスランド』では受賞多数。

COMMENTS

それは素晴らしい一日だった。そしてそれが時の試練に耐えたことがほんとうに嬉しい。
ミック・ジャガー

とくにザ・ダーティ・マックを楽しんだ。ジョンやエリックと一緒に〈ヤー・ブルース〉をね。というのもあれはまさしく即興で、映っているあのままだ、一瞬音合わせをしただけ。それはすごいフィーリングだった。
キース・リチャーズ

私たちが見ているのは、ストーンズのキャリアの中でも信じられないほど素晴らしい瞬間なんだ。
ピート・タウンゼント

それは、魔法的なリアリズムの一形態、「他の何か」のメタファーだった。
マリアンヌ・フェイスフル

ロックン・ロール・サーカスにあった同志的な仲間意識は次の世代に大きな影響を及ぼしたと思う。今彼らは普通に一緒に大きなコンサートやチャリティをやっているけれど、それまではなかった。それが起こったとても美しい時代、それがスウィンギング・ロンドン。
オノ・ヨーコ


「ザ・ローリング・ストーンズ  ロックンロールサーカス 4Kレストア版」
監督:マイケル・リンゼイ=ホッグ
字幕:林かんな
1968-1996-2019年/イギリス/66分
©2019 ABKCO Films

TTHE ROLLING STONES
CHARLIE IS MY DARLING
IRELAND 1965

ザ・ローリング・ストーンズ チャーリー・イズ・
マイ・ダーリン 2Kレストア版

1965年9月3~4日のアイルランド・ツアーを追った、ストーンズが記録された初めてのフィルム。2011年に新たに発掘された未編集未発表のステージ映像など(全体の半分以上)を加えて再編集された2012年版が本作。〈サティスファクション〉で全英全米No.1を獲得し、勢いにのる若きストーンズの熱狂のステージとともに、彼らが世界的なスーパースターとなる直前のツアー中の飾らないオフショットやインタビューなどが収められている。同じ65年にボブ・ディランのイギリス・ツアーを追いかけたD.A.ペネベイカー監督の『ドント・ルック・バック』と並ぶ、時代を画した傑作ライヴ・ドキュメンタリー。

SET LIST

楽曲(口ずさまれる曲を含む)

ラスト・タイム(ライヴ)
タイム・イズ・オン・マイ・サイド(ライヴ)
アイム・オールライト(ライヴ)
エヴリバディ・ニーズ・サムバディ・トゥ・ラヴ~ペイン・イン・マイ・ハート(ライヴ)
アラウンド・アンド・アラウンド(ライヴ)
サティスファクション (ライヴ)
シッティン・オン・ア・フェンス
テル・ミー
夢の人
エイト・デイズ・ア・ウィーク
それは私がロンドンっ子だから
ソルティ・ドッグ
ニードル・オブ・デス
サンタが彼女を連れて来る
ブルーベリー・ヒル
心のうずく時
今夜はひとりかい?
恋のティーンエイジャー
アイ・フィール・ファイン
かたくなの心

監督 ピーター・ホワイトヘッド (1937-2019)

リヴァプール生まれ。労働者階級出身ながら奨学金を得てケンブリッジ大学へ進学し、数学、物理学、鉱物学などを学んだ後、ロンドンの美術学校で美術と映画を学び、ピンク・フロイドやローリング・ストーンズのMVを監督。ドキュメンタリーの代表作としては、Tonite Let’s All Make Love in London(1967)、Fall(1969)、Fire in the Water(1977)、Terrorism Considered as One of the Fine Arts(2012)など。

COMMENTS

私が見せたかったのは、ストーンズのメンバーがどこにでもいる男たちだということです。これはいわばシネマヴェリテの手法によって描かれた社会の現実です。自分たちの音楽を愛し、やりたいことをやっている彼らを、何か素晴らしいことが起こった普通の男たちとして描写しようとしました。
ピーター・ホワイトヘッド(監督)

この撮影は一種の試運転でした。来たるべき映画*のために素材を集め、ストーンズが映画制作に興味をなくさないようにすることが私の役割でした。タイトルの意味は、まさにチャーリー・ワッツがそういう存在だったからです。
アンドリュー・ルーグ・オールダム
(プロデユーサー/
ストーンズの元マネージャー)

*『ビートルズがやってくるヤァ!ヤァ!ヤァ!』に対抗するような映画を作ろうとしていた。

あなたが目にするのは、それがまだ危険でスリリングだったロックン・ロールの強さだ。
ニューヨーク・タイムズ紙

ザ・ローリング・ストーンズ チャーリー・イズ・マイ・ダーリン 2Kレストア版」
監督:ピーター・ホワイトヘッド
字幕:林かんな
1965-2012年/イギリス/63分

TRAILER

THEATER

都道府県 劇場名 公開日
関東
東京 Bunkamuraル・シネマ 8/5(金)〜

配給:オンリー・ハーツ

宣伝:山形里香

SNS宣伝:NANA

応援:JOURNAL STANDARD / OPAQUE.CLIP

営業:島崎良一(トリプルアップ